CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
 
カラメル手芸部  
 
 
MOBILE
qrcode
<< 『週末よしもと』 | main | 予定外。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ちょんまげぷりん』
 公開にはタイムラグがあったようで、釧路では先週末から2週間。レディースディを狙うと2日間しかないわけですな(笑)。

 というわけで『ちょんまげぷりん』@釧路ワーナーマイカルシネマズ
 公式サイトはこちら→『ちょんまげぷりん』


 感想などいろいろ。

 細かいとこがすこし駆け足で進んじゃってる感じがするのがちょっと残念。「江戸」から「東京」にさほど違和感なく馴染んじゃってる気がするので(まぁ映画の長さを考えたらしかたないのか)。
 物語に出てこなかったうちの一部がNGとともにエンディングに出てきてるんだろうな。

 亮ちゃんのたたずまいが素敵。あんな侍いたら拾うって!(笑) 着物着てる時もよいのだが、洋装の時のほうが逆に「侍」が際立ってる感じがする。
 初めての洋装で、ジップアップのパーカを着物の打ち合わせっぽく着てるのが印象的。

 放置した月代を画面で見るのは『隠し剣 鬼の爪』の時の永瀬正敏くん以来のような気がする(笑)。
 江戸時代の人ってどんなペースで手入れしてたんだろうかと。普通の時代劇だったら綺麗にそり上げた状態しか出てこないから。
 だれがあんな髪型を思いついたんだろうか(トンスラもそうだよなぁ)。しかし髷を解くと途端に間抜けさ倍増するのがすごいなぁ。…ある一部の男性(笑)にとってはちょんまげ文化が継続してるほうがありがたかったのかもと思ってみたり。

 友也役の鈴木福くん(公開時のワイドショーも可愛かった)がすごくいい。あと田中くん(キンコメ今野)も! ウザさかものすごくいい感じ。あと忽那汐里ちゃん…。



 どうでもいいがバベルの塔は「城」なのか?




  
 おまけその一。
 ちょんまげぷりんとは直接関係ないのだが、見てたら「侍のプリン」食べたくなってきた。今度札幌行ったらまた買ってこよう…。
 あ、夏に行ったときはちょんまげぷりんに絡めて「侍のプリン【江戸あじ】」がありましたな。豆乳と和三盆の組み合わせ。美味しかったけどわたくしはオリジナルの「侍のプリン」が好き。


 その二。
 『君に届け』の予告編見てキュン死にしそうになった…(基本的に少女マンガ的素養は低いはずなのだが)。うっかり観に行ってしまいそうだ(笑)。
| 映画 | 21:41 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:41 | - | - |
コメント
コメントする