CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
 
カラメル手芸部  
 
 
MOBILE
qrcode
<< 読んだ本・'10年7月 | main | 風邪じゃないけど。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
網走監獄。
 まだ網走行きの話が終わってなかった(笑)。

 というわけで博物館網走監獄。オホーツク流氷館からは少し距離があるのでバスで移動。

 ちょうどガイドツアーが始まる少し前だったので乗っかることに。無料で一日4回(冬場は3回)ほぼ1時間。ただ場内けっこう広いので移動に時間が取られていて実質のガイドの時間はさほどでもない…。マイペースで見たいならガイドに頼らなくてもいいかも。
 食事時間含めて2時間半いましたが物足りん…。

 意外と写真の枚数があるので詳しくは「続きを読む」で。基本的に回った順。パンフの「おすすめモデルコース」とはほぼ逆回り。…見てても撮ってないとこもけっこうあった(苦笑)。

 逆に拘束具や鎮静衣や防声衣(の着用マネキン)の写真は撮ってはいるが、アップしたら自分の駄目人間っぷりが露呈しそうで断念(←今さらか。いや妙に気合が入ってる撮り方なんだな…orz)。

 北方民族博物館、オホーツク流氷館とここの3ヶ所ともインターネットでクーポンを印刷すると割引料金で入場できますが、はしごするなら8/31までならさらにお得な割引クーポンが→網走また旅キャンペーン






鏡橋(再現構築)。
「流れる清流を鏡として、我が身を見つめ、自ら襟をただし目的の岸に渡るべし」との思いが名前の由来とのこと。


庁舎内面会室。



独立型独居房。閉じたら真っ暗。


煉瓦造り独居房。
ここも閉じたら真っ暗な懲罰房(壁が厚いので音も遮断されるらしい)。


浴槽が2つあって流れ作業状態で入る風呂。
入浴時間は15分、夏場でも週イチくらい。


一点透視…じゃなくて五翼放射状平屋舎房。
中央見張りからの監視がしやすいためだが、広い土地があってこそだな。


雑居房再現。


冬場は薪ストーブの長い煙突で暖をとる(輻射熱利用)


二見ヶ岡農場の麦畑。


二見ヶ岡農場。映画『刑務所の中』のロケにも使われたことがあるそう(映画についての展示もあり)。


食堂。


隣のテーブルでは監獄食が食べられます。
これはさんま。ほっけ版もある。外の番外地食堂では他のメニューもあるようです。


作業。


髪型にも規定あり。
丸刈りだけじゃないんだね。


二見ヶ岡農場の獄舎。


休泊所。
網走刑務所から遠く離れたところで作業するときの「動く監獄」だそう。


教誨堂。
刑務所作業製品の即売をやってました。
別冊ライトニング67男の手仕事 メンテナンス・マニュアル』でお勧めされてたブルースティック3本セットがあったのでお買いもの(笑。土産物らしいものは何も買っていない…)。


| 展覧会/博物館 | 21:48 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:48 | - | - |
コメント
コメントする