CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
 
カラメル手芸部  
 
 
MOBILE
qrcode
<< 浴衣の日。 | main | 祭り。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
和裁教室。
 釧路に引っ越してきて、和裁教室を発見したのでまた通うことにした(稚内にはなかったのだ)。釧路道新文化センターの教室である。

 単衣ならばとりあえずは縫えるようにはなったのだが、判らないところを聞ける環境と、ある意味強制的に縫わなきゃいけない状況が欲しかったので←「どこかに着てく」予定がない限りなかなか取り掛かれない女…。

 6月後半に一度教室を見学に行ってみたのだが、人数少なめでわりとのんびりした雰囲気←長野では通ってた時期の後半はかなり人数が多かったので、自助努力するはめになってたのだ(笑)。

 で、今日が初日だったのだが、総勢4名(次回からは3名らしい)。しかも見事に縫ってるものはバラバラという(笑)。


 わたくしは長襦袢を縫い始めました(これ↑は積もってる状態)。多分仙臺屋さんの共同購入で買ったと思うおうちデッドストックの反物です。

 『図説きものの仕立方』を参考資料に持っていったのだが、教室での先生に教わるやり方とはかなりの差異が←これは長野のとかも同じ。まぁわたくしのもってる和裁の本も本ごとに違うことが書いてあることが多いので当たり前かもしれん。

 とりあえず先生に教わるやり方でやってみようと思ってます。その後(まだ手つかずの反物がある…)は本と相談しつつ判りやすい方法で。

 今回は積もった後裁って、肩線をしつけで止めた後に内揚げ縫うとこまで。次回までに背縫いを自宅でしていく予定。背伏買わなきゃ。

 
 とか書いてるが浴衣反物届いたのでそっちを先に取り掛かる予定。
| 着物/和裁 | 21:33 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:33 | - | - |
コメント
コメントする