CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
 
カラメル手芸部  
 
 
MOBILE
qrcode
<< 本屋大賞。 | main | 日本語としてどうなんだ? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ドラマ化。
 昨日の続きで思い出したこと。

 今年の1〜3月にフジ系で放映されていた『トライアングル』。ドラマ化されると知ってから原作を読んで、そのあとドラマを見た、という順序。

 ドラマ化で人物設定が変わるのはよくあることなのだが、原作では出てこない人が大量に出てくる…(←黒木舜(吾郎ちゃん)なんかは原作には片鱗もない)。
 過去の(もう時効の)殺人の謎を解く、という枠組みは変わってないんだが、本筋はかなり変わっている。そのわりに意外と物語の大筋には関係ないようなエピソードはちゃんと残ってるのが謎(笑)。

 一応サスペンスもので犯人まで変わってしまうのはどうなのか(いやドラマ版の『チーム・バチスタの栄光』も変わってたか…)とか、人が死に過ぎじゃないのか? とか(サチ(広末涼子)殺すのはやりすぎじゃないかと)まぁいろいろあるんですが。

 原作より圧倒的に話の出来がいい。

というのがまた何とも(苦笑)。

 正直原作は伏線もなく唐突に過去の殺人の犯人が登場してきて、なんか打ち切りくらった連載マンガなのか? と思うくらい「なんじゃそりゃ」状態で終わっちゃうのよ…orz


 面白かったけど、原作/ドラマ化、としては成功なのかどうなのか?


 そして亀ファンというのに裏番組のこっちを見てるわたくしもどうなのかと小一時間(略。いや録ってはいたからさー)。
 そういえばフジ系の原作ものでおんなじ印象を受けたのが『海猿』だな…(←映画は2本とも見てますがドラマは見てません)。
 NHKでちゃんと原作活かしてドラマ化されてたのを見てたので(主演は国分太一だ)、フジ系のは海上保安官って設定以外は原作とはかなり違っていたので、タイトルはともかくキャラ名変えて作ったほうが納得がいくのにーっと文句垂れてた記憶が(笑)。
 こっちも面白かったんだけどさ。
| TV | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pearlpress.jugem.jp/trackback/389
トラックバック