CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
 
カラメル手芸部  
 
 
MOBILE
qrcode
<< 『THE有頂天ホテル』 | main | 『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク 5』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
危険!
 この一ヶ月雪だの寒いだのそういうことばかり書いてる気がするが(苦笑。実際寒ぃんだよ…)この2日間は多少マシ←いや真冬日じゃなかっただけで寒いには違いないんだが(笑)。

 といいつつ相変わらず寒いネタ(と書くと滑ったお笑いみたいだな)。写真中心なのでとりあえず以下↓に。

氷柱?
 12/25/28にも書いた氷柱。すでに上部は互いに同化して氷「柱」ではなく「板」と化している。一番長いのは1.3mを超えた。
 解けるならばまだいいが、屋根の雪が緩んでこのまま下に落ちたらどうしよう。下は駐車場なんだよね…(苦笑)

手すり。
 現在住んでるとこは階段の両側に1戸ずつ向かい合わせになってる2階建ての集合住宅なのだが、階段の上に屋根がないのだ(玄関部にはある)。雨の時にも腹立たしかったのだが、冬(雪)になったら恐ろしいことに。
 玄関の脇に給湯器の排気口があるので、玄関部の屋根の雪は解けてポタポタたれる。しかし外気は低いので落ちた水はまた凍る。
 落ちた水が手すりで凍るのはまだマシ。
外階段。 階段下部(1階から上がりかけたとこ。上の写真の手すりの下側)は雪に水が加わってそのまま凍って恐ろしい状態になってるのだ。階段の半分は氷?
 割ってもすぐまた水がたれて凍るのでいたちごっこ…_| ̄|○ 
 住人や慣れてる配達の人(新聞や郵便)ならまだ判ってるだろうが、うっかり客人が滑って再起不能になったらどうしよう…。

崩落1。
 長野市内はメートル未満の降雪なので、まだマシだと思っていたのだが。
 近所のホームセンターに行ったら、外の売り場の屋根が崩落していた…びっくり。

崩落2。
 雪が原因なのかはよく判らないのだが、かなり大事ではある。

 エンジニアブーツを履いて動き回るようになってからは、わりと滑りにくいのでまだ転んでませんが、長距離歩くと疲れるのよね…←片足1kg超。
| 日常 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック