CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
 
カラメル手芸部  
 
 
MOBILE
qrcode
<< スヌーピー×かまわぬ。 | main | 『THE有頂天ホテル』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
着物でおでかけ→帝劇。
 今年初着物。天気もいいし寒くもない(←長野が基準)ので帝劇に着て行ってみた。昨年に引き続き「着物でジャニーズ」キャンペーン実施中…というわけでもないのだが、着る機会を作ろうとするとそういう感じになるのだな(苦笑)。

 ただし自宅から着て行くわけではないので大荷物になるのが難。単衣の季節ならばまだいいが、袷に羽織はかさばるのなんの_| ̄|○ 朝6時半発の新幹線に乗るかぎりは自宅から着ていく根性はない…。

 帰り、大荷物(1日目に着てた洋服…も冬場なのでかさばるのね)を抱えながらへろへろと新幹線乗り場に向かっていた東京駅エスカレーターで、外国人のおじさまにほめられてちょっと調子に乗りました(ただし細かいニュアンスまでは掴みとれてません。判らないあたりはジャパニーズスマイル…←ありがち)。
1/8着用きもの。
着用写真。新幹線乗って帰ってきた後、自宅で(しかもそこらにカメラ置いてセルフタイマーで)撮ってるので、ピントが今イチなのと着付けがへろへろなのは勘弁…。

 着て動いてるときにはさほど出てこなかったが、こういう風に写真を撮ると着物のほうが裄が長い…_| ̄|○ 

着物。
←着物:渋めサーモンピンクと明るい茶系の縞。お召し?(頂き物)

羽織。
羽織→:グリーン系グレイ地に細かい花柄(たしか1000円…)


帯:寿尽くしの織柄の半幅(大須骨董市で購入)
半衿:かまわぬ手拭い(11/30と一緒。)
帯締:緑系に紫赤黄色が組み合わせてあるもの
帯揚:グリーン系(本当は必要ないのだが…)
↓足袋:雪柄(自作)
下駄:ねずこ右近下駄

雪柄足袋
 雪柄の足袋。自作。冬限定ですな。
 出番が多いのはこのような遠目で見ると白足袋っぽいけど、近くでよく見ると柄が入ってる、というタイプ。生成りのシャツ地とかインド綿とか。
 《以降060127追記》
 わたくしは安売りの足袋をばらして型紙を作りましたがオカダヤオンラインショップで足袋キットやパーツ類の通販が始まったようです。
 底や紐は代用がきくのだがこはぜはいかんともしがたいので非常にうれしい(←上京したついでにオカダヤ寄ってストックしてた…)。《追記分終わり》


 前回出かけた時に脛が冷えたので、着物用ストッキングなるものを近所のスーパー内着物屋さんで購入。ひざ下丈の白いストッキングで、足袋を履くのに邪魔にならないよう足首丈で、下にリボンがついてて踵に引っ掛けて履くのだ。
 薄いものだが暖かい。ただしあくまで東京で着たときに、なので、実際どうだかはまだ不明(笑)。
| 着物/和裁 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
装いの道の和装品は、着物をより美しく
【装いの道】の、確かな和装品 装いの道の和装品は、着物をより美しく、簡単に苦しくなく着て頂けるよう工夫を凝らして開発されています。着物を美しく着るためには、補整すること、洗練された着付け小物を選ぶこと、そしてお顔の近くの衿元がポイントです。装いの道の
| 無料データバンク | 2007/02/02 11:37 PM |