CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
 
カラメル手芸部  
 
 
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
半人前。
 某PBの干麺を購入した(うどんである)。

 パッケージの裏には「一人前の目安:100g」と書いてある。その分量毎に結束テープで巻いてあるものもけっこう多いよ(特にそうめんや冷麦とかは)。

 しかしコレ、一袋250gなんだよな…(笑)。二人前と半分? 計算が合わないぞ…一人前+大盛り一人前くらいの計算なのだろうか←わざわざ目安を書く意味がわからない…。


 ちなみにパッケージ前面には「"安さ"のポイント/結束テープとテープ巻きの手間を省きました。」と書いてありますが…手間を省かなかったらどういう分量ごとに巻くつもりなんだろう(笑)。
| 重箱の隅 | 21:17 | comments(0) | - |
違う!
 よく行く本屋のハードカバー小説の棚は「男性作家」「女性作家」という区分がある。

 が。


 …有川浩さんは女性ですが?(苦笑)

 ちなみに五條瑛さんや桜庭一樹さんなんかも男性の棚に置いてあった。まぁ想定の範囲内だな。…高村薫さんなんかもこっちに置かれそうだな…。

 ジャンルなどとは違って、男女の区別は主観が入るわけじゃないし、間違えたらいかんだろう! ちゃんとしてない分類ならしないほうがマシ!(←逆に探せない…)

 というより、作者の男女の区別が何故必要なのだろう…。少女マンガ少年マンガ、みたいにメインの読者の性別で区別を付けるのならばまだ判るのだが(といいつつわたくしは濫読なので節操無い…)。


 下手に男女分けなんかするより作者名で五十音で並べるので、なんか不都合はあるんだろうか←マンガや文庫本もレーベルでくくらずに作者で並べてくれないかと思う時が(苦笑)。基本的に作者追っかけなので、どこから出てるか判らずに徘徊してることが。


 もともとCDショップのジャンル分けも必要ないと思ってるタイプなのだ←どこ探せばいいか判んないときが…(苦笑)。ブンブンサテライツがどこにあるか判らなくてタワレコ内をうろうろしたり、とか。
 わたくしのCD抽斗は洋邦の区別はしてありますが、あとはアーティスト名の五十音。ちょいちょい謎の並びになってます(笑。パンク系とジャニーズがフツーに並んでいる…)。
| 重箱の隅 | 22:49 | comments(0) | - |
文脈。
20091229125805.jpg
 名古屋駅前の駐輪場の看板である。が。

 文章書いた人はたぶん「自転車泥棒に対して」自衛しろ、と言いたかったんだろう(苦笑)。
 しかし、この文章だと「撤去されたくないなら自転車チェーンで固定しとけよ!」に読めてしまうのはわたくしだけか。いや口調は荒すぎるけど(笑)。

 どっちにしてもわざわざ大荷物置いてこれ撮ってる時点でわたくしのほうもツッコまれるべきかと。
| 重箱の隅 | 13:07 | comments(0) | - |
平均身長。
 本屋でパラパラ立ち読んだBL小説(タイトル失念公爵は愛に誘う』だった)。
  舞台は(確か)1910年の架空の国(ヨーロッパ)、外国人貴族(攻)と日本人ピアニスト(受)みたいな設定だったと思う。

 で。受が「身長170センチとやや小柄」みたいな表記があった。



 …当時の日本人だったら170センチは少なくとも小柄ではないぞ?(むしろそこそこ大きい方ではないかと思われ) 現代でも平均にやや足りない、くらいじゃないかと思うんだが。


 まぁBL界は何に関しても(いろんな意味で)リアル日常世界の5割増しくらいだからなぁ…。 

(とはいえネタにした本はパラ読み程度なので勘違いや見落としがあったら申し訳ない)
| 重箱の隅 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
本屋好き←タイトルが思いつかなかったらしい。
 普段あまり行かないスーパーから本屋まで自転車で移動中(なのであまり通らない道なのね)。

 視野に入った途端思わずツッコんで、そのまま通り過ぎてしばらく行ったあと、戻って写真を撮った。

 ごみが来たらまずかろう…。

 いや本当の意味なら間違ってはいないんだろうが(笑)。


 で。その後本屋にて。

 女性向けのエッセイやらハウツーやらのソフトカバーが並んでいる棚の一角に、タイトルに年齢が入っているような本が並んでいるコーナーが。

三十路のカサブタ』『女30代決断のとき』『40歳からの女性の医学』『五十からでも遅くない』『女60代「もうひと花」の決意』『90歳。一人暮らしをたのしんで生きる』などと並んで『30歳の保健体育』が。

 並べる棚が違うだろう!?(笑) 

 と書いてはみたものの↑のタイトルの羅列同様本棚に並んでると違和感はあまりない(そして当該本の内容を知らない方は「なにがおかしいの?」と思われそう)。
 いやわたくしもなんかの書評コーナーで見かけただけで中身はみてないんだけどさ。


 しかし表紙を見て気付け…orz
 ね?→




 
続きを読む >>
| 重箱の隅 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
理由に無理はないのか?
 メル・ギブソン離婚のニュース
 28年連れ添って7人子供がいて今さら「性格の不一致」が理由と言われても…、と思ってしまったのはわたくしだけ?(笑) 実際は女性問題じゃないかっつー話ですが。

 庶民には慰謝料450億円と言われてもイメージがわきません…。
| 重箱の隅 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本語としてどうなんだ?
 近所のスーパーの広告を見ていたら、日替わり商品でライオンの「香りとデオドラントのソフラン」が載っていた。

 (リンク先↑のサイトにもあるが)香りは4種類、フローラルアロマの香り、シトラスアロマの香り、アロマソープの香り、ブルーローズアロマの香り。

 …なのはいいんだけど、アロマって言葉自体が「香り」のはずなんですが(笑。アロマテラピーを略してる場合もあるけどさ)。

 「頭痛が痛い」状態か?
| 重箱の隅 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(2) |
三分の一。
柑橘のど飴。
 百均で見つけた「柑橘のど飴」。
 「3つの味が楽しめる!」はいいのだが、かりん、あんず、きんかんって…柑橘類はきんかんだけなんじゃ…。
 もっと適切な商品名をつけるべきではないのかと小一時間。

 →柑橘(wikipedia)。けっこう知ってますが、知らないものもまだありますな…。ちなみにわたくしは八朔が好きです。

| 重箱の隅 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
重箱の隅(3連)。
その1。
 強盗容疑で指名手配の警察官が逮捕、のニュース@ズームインSUPER(CM前の「次のニュースの予告」なとこで)。
「手首や首には自殺のあとがありました」
 …自殺のあとって何。自殺をはかった跡、よね?(苦笑) CM後のメインの話題ではちゃんとしてたけどさー。

その2。
 よく行く本屋の自転車置き場(地下)に下る通路に、注意書きを書いた柵が置いてあり、その下部に倒れないように重しが乗せてある。
 それ自体は別になんの問題もないんだが。
重石?(笑)
 いちいち「土嚢」と書く意味も、それにわざわざ(おも石)と書く意味も、さらに石の写真までつける意味もわからない…(笑)。



その3。
 タダで配られてた(ポストに入ってた)よくあるストッキングタイプの生ごみ袋。
ゴミ袋
「使い捨てではありません。繰り返しご利用ください」

 わたくしどちらかというとエコ寄りの人間だと思いますが、わざわざこういうタイプのごみ袋を再利用する意味が分かりません…。細かいごみを逃さずそのまま捨てられるからこそ、こういう素材と作りになってるんじゃないのか?



| 重箱の隅 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(1) |
高値?(笑)
 朝日新聞スポーツ欄、松坂ポスティングの話題の見出し。

「松坂は高根の華?」

 「高嶺」だよね? 常用外で使えないからなのか?
 落札予想が2千万-3千万ドルと高騰、という内容からしたらむしろ「高値」の花なのかも、と思ってみたり。

| 重箱の隅 | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>